疲労が育毛を阻害する?!

日本人の半数以上が感じている疲労・・。これって薄毛の原因になるのではないでしょうか。私の夫も、なかなか疲れが取れないとぼやいています。どんどん髪も薄くなってきている気がします。
疲労やストレスが育毛を阻害するのではないでしょうか。なるべく疲れを溜めないようにしてほしいですが、会社ではそうはいかないみたいです。せめて、プライベートは休んでほしいのです。しかし、子どもが3人いるので、ついつい夫にいろいろ頼んでしまいます(笑)。

シャンプーが合わないと感じる時

育毛シャンプーであれ、普通のシャンプーであれ、いろいろな種類のシャンプーを試してみたいものです。その泡立ちや頭皮に馴染むかどうかなど相性をチェックして、自分にぴったりのシャンプーを探したいものです。
特に新製品というのは試したくなりますが、もし自分の髪や頭皮に合わない、ふけが出やすい、かゆくなるなどのことがあったらすぐに止めるほうが賢明です。抜け毛や薄毛が広がってしまうかもしれないからです。髪の毛1本でも大切にするようにしたいものです。

おすすめブログ:育毛剤

薄毛の遺伝は気をつけても無理なのか

僕がものごごろついた幼稚園位の頃にはすでに父の髪はうすくなっていました。子供の頃から周りの親戚や当の父に「お前も髪がうすくなるぞ」といわれていて、自分でも若い頃からなるべく気を使っていました。
ですが仕事が忙しくなってきた20代半ばくらいからあまり髪の毛のことは気にすることもなくなっていました。それがいけなかったのかふと気がついたとき、30代初めのころでしょうか、髪の薄さに気がついてしまいました。
ショックで、それからはいろいろと気をつけて、育毛剤を使用したりもしているのですがなかなか思うようにはいかず、少しずつ毛が抜けて言ってる気がしてあせっています。やっぱり遺伝の場合は気をつけても無理なんでしょうか…。